弘前さくらまつり2017


※当日の様子はこちら➡
※弘前公園内MAPはこちら➡

①開会式

日時:4月22日(土) 午前10時45分
会場:本丸(MAP①)
内容:ねぷた囃子、記念植樹等


②津軽剛情っ張り大太鼓&津軽情っ張り大太鼓

日時:4月29日(土),30日(日) 両日、午前11時と午後1時30分
会場:追手門広場・おもてなしプロジェクト弘前さくらまつり2017 会場(MAP②)
内容:津軽剛情っ張り大太鼓の展示及び津軽情っ張り大太鼓の打ち出し披露等


③5月3日は弘前観桜会記念日!

弘前観桜会が始まった5月3日(大正7年)を記念日と定めてました。


●弘前観桜会記念日プレミアムチケット発売!

公園内で使用できる1,200円分のチケットを1,000円で販売(100円×12枚綴り)
販売日時 5月3日(水)午前9時から
販売場所 さくらまつり本部(MAP③)及び四の丸案内所(MAP⑤)
使用期限 5月6日(土)まで
販売数量 1,000セット限り
備考 おひとり様1セット、1回限り※まつり関係者の購入は厳禁


●弘前観桜会記念日パレード!

弘前観桜会を始めるきっかけともいわれる仮装行列や担ぎねぷたなど、ともに懐かしい
雰囲気でまつりを盛り上げます!
日時 5月3日(水)午前10時スタート
パレードコース 弘前公園内追手門から下乗橋付近まで(約500m) (MAP・矢印)
パレード内容
・仮装集団(弘前路地裏探偵団等)
・チンドン屋(岩木文化協会)
・担ぎねぷた(下新町ねぷた愛好会、茂森新町ねぷた同好会など)
・自衛隊剣舞(陸上自衛隊弘前駐屯地)


●弘前観桜会記念日和装で観桜会!!

昔の観桜会は「ハレの場」で和装の来園者が多かったことから、和装来園者に本丸等の有料区域を無料と致します。
優待日 5月3日(水)のみ
優待対象 和装の来園者
優待内容 本丸、北の廓、弘前城植物園、藤田記念庭園の無料入場/さくらまつり本部(MAP③)四の丸案内所(MAP⑤)で無料チケット配布


●弘前観桜会記念日「満開の打ち上げ花火」

日時:5月3日(水)午後7時打ち上げ予定
打上場所 弘前城植物園(MAP⑥)
※弘前城植物園は午後6時閉園となります。


●「来年は弘前観桜会100周年!!」ステージ

日時:5月7日(日) 午後1時から
会場:四の丸演芸場(MAP④)
内容:マジックや大道芸など家族で楽しめるステージ


【関連事業】

弘前観桜会100周年記念コンサート 川中美幸~津軽さくら物語~

日時:4月29日(土)13時開場、13時半開演 会場:弘前市民会館(MAP⑦)
主催:弘前観桜会100周年記念事業実行委員会・弘前市民会館
お問合せ:弘前市民会館 tel 0172-32-3374


さくらまつり100年記念「写真展 懐かしの観桜会・さくらまつり」

昭和39年に棟方志功が弘前市民会館オープンに合わせてさくらまつりを訪れた際の写真や、市民から寄せられた写真などを多数展示しています。
会場:弘前市立博物館  HP
会期:4月1日(土)~6月4日(日)
休館日:4月17日(月)、5月15日(月)
開催時間:午前9時30分~午後4時30分


【弘前さくらまつり2017アーカイブvol.1】
≪4/22(土)開会式≫
記念すべき100年目のさくらまつり開会式では、「地方を世界へ」プロジェクトの一環として、岸田外務大臣や各国大使が訪れ、弘前市の折りたたみ式大型ねぷたのお披露目や、ねぷた囃子、太鼓の演奏で会場は大いに賑わいを見せました。
また、当日は弘前観桜会100年を記念して、北の郭に弘前雪明かりを植樹しました。

【弘前さくらまつり2017アーカイブvol.2】
≪4/29(土)、30(日)津軽情っ張り大太鼓打ち出し&津軽剛情っ張り大太鼓展示≫
直径約4メートルの津軽剛情っ張り大太鼓と直径約3.3メートルの津軽情っ張り大太鼓の展示、打ち出しを行いました。

【弘前さくらまつり2017アーカイブvol.3】
≪5/3(水)弘前観桜会記念日パレード≫
弘前観桜会を始めるきっかけとなった仮装行列や担ぎねぷた、和装集団、自衛隊剣舞など、懐かしく、弘前らしいパレードで園内の観客を魅了しました。

【弘前さくらまつり2017アーカイブvol.4】
≪5/3(水)弘前観桜会記念日「和装で観桜会」≫
昔の観桜会は「ハレの場」であり、来園者の多くは和装であったと言われております。そこで、5月3日の記念日に和装で来園された方々に園内有料区域と藤田記念庭園の無料入場券を配布し、より多くの方々に「和装で観桜会」を楽しんでいただきました。

【弘前さくらまつり2017アーカイブvol.5】
≪5/3(水)弘前観桜会記念日「満開の打ち上げ花火」≫
弘前観桜会記念日を祝して、園内で花火を打ち上げました。お城と桜と花火という贅沢なひとときに、多くの来園者が酔いしれました。